アプリケーションとは|アプリとソフトの違いを解説

アプリケーションエンジニア

みなさんは、スマートフォンを使う中で、「アプリ」「アプリケーション」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?
スマートフォン(スマホ)を使っている人は、SNSやゲームアプリなどをインストールしたこともあるでしょう。
スマホ内に既存にインストールされているカレンダー・カメラ、電話機能などもアプリの1つです。
実際に利用したことのある人でも、あらためて「アプリケーションって何?」と聞かれると、言葉に詰まる方もいるかと思われます。

今回は、アプリケーションとは何なのかを具体的に説明していきます!

アプリケーションって何?

「アプリケーション」は、正式には「アプリケーションソフトウェア」と言います。
アプリとは、「アプリケーション」をさらに略語化した言葉です。
「アプリケーション」を直訳すると、「応用」となります。
その応用の対となる言葉として、「基礎」または「基盤」があります。
「応用」が表すように、「アプリケーション」は基礎または基盤の上で用いられます。
実際には、「アプリケーション」は基盤となるオペレーティングシステム(Operating System:OS)の上で動きます。
スマホのOSで有名なのは、

  • iPhoneで使われている:iOS
  • Androidのスマホで使われている:Android OS

などでしょう。

またコンピューター上で大きな市場を占めているのは「Windows」です。
多くの人が共通で使うような機能やシステムを詰め込んだ基盤ソフトウェアがOSなのです。
それに対して、特定の人が特定の用途のために使うソフトが、「アプリケーション」です。
スマホを初めて手に入れた時、

  • フォルダを開く
  • 該当ファイルを探す
  • データが記録されているかを確認し、読み書きさせる

などの機能によって、OSは問題なく動くように設定されています。
しかし、自分だけが使うためのゲームやカレンダー、画像加工などのアプリは、スマホを手に入れてから、自分が好きなものをインストールするようになっています。
ただし、時代の流れとともに、こうした機能は特定のOSやアプリに区分されることなく、多くのアプリの機能がOSの中に取り込まれてきています。
そのため、新しい機能そのもの自体を「アプリケーション」と言い換えることもできます。

アプリケーションとソフトウェアの違いとは…?

アプリの正式名称は「アプリケーションソフトウェア」です。
その名の通り、「アプリケーション」もソフトウェアの一部です。
通常は、OSとその上で動くアプリの両方をソフトウェアと呼びます。
OSとアプリのあり方はコンピューターもスマホも同様です。

*イメージ図


最近はIT化が進み、スイッチを押すだけで水やお米の量を自動で察知し、おいしいご飯を炊く炊飯器や温度を感知して調節できるエアコンなど、従来よりより高性能な機能を持った家電が多く見られます。
これらの電化製品の中には「マイコン」と呼ばれる演算処理機能や制御などを発揮する半導体チップが入っております。

マイコンとは、マイクロコントローラ(Microcontroller Unit、MCU)の略。ひとつのICチップにコンピュータが持つ基本機能一式を搭載した電子部品のことです。

参考サイト:https://news.mynavi.jp/article/20200522-1040913/

このチップのメモリーの中にそれ専用のプログラムが入っており、それぞれの家電が認証し、動作します。
「マイコン」の場合は、OSそのものが家電に特化しているので、アプリとは言いません。
コンピューターやスマホのOS上で動くソフトがアプリなのです。

アプリを動かすためにプログラムが必要

現在の教育方針として、小学校からプログラミングが必修となったいるため、コンピューターにある機能を処理させるにはプログラムが必要なことを知っている人は多いでしょう。
プログラミングとは、プログラムを書くこと指します。
また近年、機械に一連の流れを学習し、自分で判断することができるAI(Artificial Intelligence 人工知能)の研究も進んでいますが、基本的には人間がコンピューターに1つ1つの動きを順番に説明する必要があります。
コンピューターが読み取れるプログラムがあり、そのために使われる言葉がプログラミング言語です。
現在はOSやそれぞれの用途に合わせた複数のプログラミング言語がありますが、もともとコンピューターの発祥は英語圏なので、ほとんどのプログラミング言語は英語がベースとなっています。
例えば、ゲームの中で主人公を歩かせるとしましょう。
人間が相手だと、「走って」と言うだけで意味が通じますが、コンピューターに対しては、「足を交互に出し、走る速度は…。その時の手の位置は…。」など、すべての動きに順番をつけて、プログラミング言語を用いて伝えなければなりません。
ゲームを作るためのアプリなどもあるので、興味がある人はこの記事をきっかけにプログラミングを始めてみると面白いかもしれません。

プログラミング言語はOSによって異なる

アプリの基本はOSの上で動くと言う内容を記載しましたが、アプリはOSごとに制作しなければなりません。
つまり、コンピューターで言えば、お使いのWindowsとMacでは、OSが違います。
スマホの場合、AndroidやiPhoneでOSが違うので、それぞれのOSのためにプログラミング言語を書かねばなりません。
また、Android OS・iOSには、それぞれ別々のプログラミング言語があります。
例えば、同じ内容のアプリの開発でもAndroid OSでは「C++」と言う言語を、iOSでは「objecctive-C」と言う言語を使うなどと言うこともあります。
このように、全く同じアプリでも、AndroidとiPhoneでは開発は別工程となり、制作過程においての認識合わせが重要となります。

コンテンツとは…?

アプリの機能の一例として、

  • WEBページを見る
  • 写真を編集する
  • 他の人とチャットでコミュニケーションを取る

といった何らかの作業するために作られるソフトがほとんどです。
LINEやTwitter、Instagramなどのアプリがそれに該当します。
コンテンツというのは、アプリを通して出来上がった動画や写真などの作品のことです。
例えば動画編集をするソフトはアプリですが、その中で作った動画自体や、音楽配信アプリの中で配信される曲はコンテンツと呼ばれます。

タイトルとURLをコピーしました