【IT業界入門】自社開発・受託開発・SESの違い

IT/WEB業界

皆さんはIT業界やWEB業界に就職・転職するときによく聞く、自社開発・受託開発・SESの違いはご存じでしょうか?

自社開発・受託開発・SESというキーワードはよく耳にするけど、具体的によく分からない…
仕事する上でそれぞれの違いが気になるけど、今さら聞けない…

 

という方、実は多いのではないでしょうか?

正社員はもちろんのこと、業務委託やフリーランスの仕事でもよく使われるワードですので、これをきっかけに違いを整理していきましょう!

そこで次回は、「自社開発」・「受託開発」・「SES」それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します!

まずは、違いをチェックしてみましょう!

SESとは…?

SES(System Engineering Service:システムエンジニアリングサービス)は

委託契約の一種で、ソフトウェアやシステムの開発・保守・運用などの

特定の業務に対して技術者を派遣する技術支援サービスのことを指します。

参考サイト:https://www.elite-network.co.jp/dictionary/ses.html

SESのエンジニアの働き方・仕事内容は?

SESを事業としてある企業のエンジニアは別のクライアントの企業で働くことになります。

そのため勤務場所や労働時間・業務内容などは、現場に様々です

配属例として、プロジェクトの規模数が大きいと、大人数で派遣されることもあれば、

プロジェクトの規模が小さいと1人で派遣される場合もあります。

企業によっては、新人や未経験のエンジニアの方は、教育係も兼ねた

ベテランエンジニアとセットで動くことも多いです。

受託開発とは…?

受託開発は依頼者(企業)が求めるソフトウェアやアプリケーションなどを

まとめた概要を依頼され、外部の企業が納期までに進めていくことを言います。

他の参考サイトを見ていきましょう!

受託開発は企業が求めるシステムやソフトウェアの概要をまとめ、外部の企業に開発を依頼する方法です。端的に言えば、システム開発会社に対して「このようなシステムを作ってくれませんか?」と依頼をし、その要望に沿ったシステムを作り上げてもらうことを指します。

新しいシステムやソフトウェアを必要とする際、一般販売されているパッケージソフトを利用する手もあります。とはいえ、パッケージソフトでは必要な機能が備わっていなかったり、業務形態と仕様が合わなかったりする可能性も少なくありません。受託開発なら、これらの懸念点を解消できます。

いわば「オーダーメイド開発」なので、導入目的に合った機能や仕様のシステムやソフトウェアを開発できるのです。

参考サイト:https://hnavi.co.jp/knowledge/blog/entrusted-development/

受託開発の働き方、仕事内容は…?

先ほどのSESと比べると、受託での業務は、一緒に働くひとは同じで、

プロジェクト毎にチームで働くことが多いです。

そのため、人間関係を構築しやすい・職場のメンバーとの一体感を

高めやすいなどといったメリットがあります。

また雇用に制限がないため、定期的な現場移動などもないです。

自社開発とは…

自社開発は、名前の通り自社の製品やサービス(ソフトウェアやアプリケーション)を、

企画~設計~開発まで全部、自社内で行ってサービス展開することを言います。

そのシステムが他の会社からの依頼ではなく、全部の工程を自社内で行うのが

自社開発の特徴です。

より具体的な詳細を下記に記載します。

自社開発とは、自社の商品やサービスとしてのシステムを、企画や設計から開発まですべて自社内で行って販売または公開することです。そのシステムが他の企業などからの依頼ではないこと、また、すべての工程を自社内で行うのが大きな特徴です。

自社開発には、社内のIT部門のように「自社内で利用するシステムを開発する」のと、「企業外の不特定多数のユーザーが利用するシステムを開発する」の2つのタイプがあります。

参考サイト:https://www.acrovision.jp/career/?p=2032

自社開発の働き方、仕事内容は…?

自社開発は、受託開発同様、開発メンバーのコミュニケーションを取りやすいのが

もちろんのこと、すべて自社で完結していく仕組みなのでスケジュールを

立てやすい(納期がそこまで厳しくない)、自分たちのアイデアをシステムに

作り上げていける、最新の技術を導入することができる、

などといったものに分類できます。

まとめ

今回はSES・受託開発・自社開発の違いをご紹介させていただきました!

まとめると…

SES:ソフトウェアやシステムの開発・保守・運用などの特定の業務に対して技術者を派遣する技術支援サービス
受託開発:依頼者(企業)が求めるソフトウェアやアプリケーションなどをまとめた概要を依頼され、外部の企業が納期までに進める

自社開発:自社の製品やサービスを企画~設計~開発まで全部の工程を自社内で行っていく

自社開発:自社の製品やサービスを企画~設計~開発まで全部の工程を自社内で行っていく

今後、ITやWEB業界で就職・転職活動する上で、よく耳にするキーワードですので、

しっかりポイントを抑えていきましょう!

次回はそれぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます!

 

タイトルとURLをコピーしました